WiMAX パラボラアンテナ

WiMAX2のスピードがでない(-"-)

WiMAX2を使って、skypeで打ち合わせをしていたら、回線速度のせいで、音声が途切れ途切れになり、打ち合わせにならず、iphone 4G回線をテザリングしたほうが安定して、skypeも使えるという始末。


そこで、今ネット上でも話題になっているWiMAX用のパラボラアンテナを作ってみました。



必要なのはボウルとアルミホイル

ステンレス製のボウルが良いとか出ていましたが、購入しに行った百均にステンレス製が無かったので、プラスティック製のボウルとアルミホイルを購入。
ボウルとアルミホイル
かかった費用は216円。




あとは、アルミホイルでボウルを包み込むのみ。
アンテナ完成



アンテナ設置

とりあえず、椅子に立てかけて設置してみました。

さて、その効果は。。。



アンテナなし
アンテナなし

18.92Mbps


アンテナあり
アンテナあり

32.93Mbps


およそ1.7倍


216円の費用と数分の作業でこの効果だったら、良い結果だったのではないでしょうか。


それにしても、WiMAX2は建物の中だと、場所によって、速度が安定しません。
数メートルの差で、10Mbps以上の差がでますから。


WiMAXをご検討の方は参考にしてください。

測定場所:愛媛県宇和島市中央町 アーケード街の中のテナント

a:921 t:3 y:0

コメント


認証コード4124

コメントは管理者の承認後に表示されます。